未来の子供のために

The woman is worried

今回はアフターピルや低用量ピルに焦点を当てて紹介してきましたが、日本には他にも様々な避妊方法があります。
女性用コンドームや殺精子剤など、一般的でないものもたくさんあるのですが、今回アフターピルと低用量ピルに絞って紹介したのは、ピルを使用するのが最も安全な方法だといえるからです。
避妊用のピルは、何か特殊な成分で精子や卵子を殺すものではなく、女性ホルモンを経口摂取することによって妊娠しにくい体にしてくれるものになっています。
この女性ホルモンは、本来女性の体の中でも生成されるものなので、本来の体の機能を活かして避妊を行うという感覚です。
このことから、多少の副作用はあれども、かなり安全な方法だといえます。

安全ではない避妊方法を行うことや、何度も中絶を行うことは、女性の体を傷つけます。
最悪の場合は、それが原因で一生妊娠できない体になってしまうことすら考えられます。
今は妊娠を望まないという方でも、将来的に愛する人と結ばれた場合には子供が欲しいと感じることもあるはずです。
その時にスムーズかつ安全に子供を身ごもることができるのが低用量ピルやアフターピルなのです。
避妊を行う際は、避妊率が高くなる方法を選ぶのはもちろん、将来の子供のこともしっかり見据えて避妊を行いましょう。
間違った避妊方法や中絶手術によって妊娠できなくなってしまってからでは遅いので、避妊に対してきちんと考えておく必要があるといえます。
アフターピルを使用する際も、かならずきちんとしたものを使いましょう。どこのメーカーが作っているのかわからないものではなく、日本でも愛用者が多いアイピルなどの安心できるものがオススメです。