事前に準備しておこう

Medicines

アフターピルは行為後に利用できる避妊方法なので、知っておくと非常に安心できます。
ただ、行為後すぐに飲む方が避妊率は高くなります。72時間以内とは言うものの、なるべく早く服用するに越したことはないので、アフターピルの入手方法と使用方法については事前に知っておきましょう。

日本でアフターピルを利用する場合は、産婦人科に行くのが一般的な方法です。
日本の薬事法ではアフターピルの市販を認めていないので、入手するには産婦人科に行く必要があります。
避妊が失敗したことを伝えるのには勇気が必要ですが、なるべく急いで産婦人科に行くようにしましょう。
もしもの時のために、すぐに駆け込める産婦人科を事前に調べておくとよいでしょう。

ただ、家の近所に産婦人科がない方や、産婦人科が営業していない夜中に避妊を失敗してしまった方が問題です。
産婦人科を探したり、営業時間が来るまで待つ間にもどんどん妊娠の確率は上がっていきますので、常に手元にアフターピルを置いておくことが望ましいです。
アフターピルは日本で市販されていないだけで、海外では市販されています。海外で市販されている医薬品を個人輸入する方法なら、産婦人科に行くことなくアフターピルを買うことができます。
海外のアフターピルを使うのは不安に感じるかもしれませんが、アイピルなど日本でも広く使われているものを選ぶことで安心して使用できるでしょう。
個人輸入で先に購入しておけば、いつでも使用できるので最高の効果が期待できます。
個人輸入も代行通販を使えば普通の通販と同じ感覚で利用できるので、簡単に購入できます。常に最悪の事態に備えておきましょう。